オンライン英会話を始めたいけど少し不安…。そんな初心者のあなたに向けて、オンライン英会話について解説します。

サルでも分かるオンライン英会話のワンツースリー

オンライン英会話

ネイティブな発音にこだわりたい人はオンライン英会話をどう選ぶ?

投稿日:

外国人と英語で話をする場合、基礎さえしっかりしていればなまりがあっても会話は成り立ちます。
英語はまた母国語よりも第二、第三言語として話されることが多く、国際化が進む現在ではなまった英語を話す人もまったく珍しくはありません。
しかし、いつもなまった英語を聞いていると、なまっていない英語の聞き取りが難しくなる場合もあるため、ネイティブの発音に慣れるに越したことはありません。
ネイティブのようなかっこいい英語を話したいというのも立派な学習動機であり、尊重されるべきです。

・オンライン英会話の講師にはフィリピン人が多い

オンライン英会話ではフィリピン人の講師が多いです。
それも、あえて調べる必要もないぐらい圧倒的に多いです。
業界全体で講師の半分以上はフィリピン人でしょうし、恐らくはもっとたくさんいるでしょう。
フィリピン人はみんな英語が上手ですが、ネイティブではないので発音にはなまりがあります。
これが、オンライン英会話でネイティブのレッスンにこだわる時にまず注意するべきことです。
ネイティブ講師だけのコースを用意しているスクールはたくさんあるため、フィリピンなどの国籍の講師を避けてネイティブを選ぶことも難しくはありません。
ですが、フィリピン人であってもなまりの少ないきれいな英語を話す人が一定数存在することは、頭に置いておいても損はないでしょう
後で述べるようにフィリピン人講師には料金が安いというメリットもあるのです。

・フィリピン人以外の非ネイティブ講師

非ネイティブの講師の中にはフィリピン以外の国籍の英語話者もいます。
意外に思うかもしれませんが、フィリピンの次に多い非ネイティブ講師は恐らくバイリンガルの日本人です。
日本語が通じるため英会話初心者には安心感がありますが、日本人の英語になまりが多いのはご存知のとおりです。
フィリピン人講師ばかりでないことをアピールするために、多国籍であることを標榜しているオンライン英会話もありますが、フィリピン人でないからと言って、彼らがネイティブであるとも限りません。
インド人など、なまりの強い非ネイティブはフィリピン人の他にも多いです。
またヨーロッパ人講師と聞くと何となく英語のネイティブを思い浮かべるかもしれませんが、もちろんそうであるとは限りません。
さらに、英語のネイティブであっても、国によって発音が違うという問題もあります。
アメリカ人が聞けばイギリス人やオーストラリア人の英語はなまっているのであり、逆もしかりです。
どの国の英語を望んでいるのか意識してオンライン英会話を選ぶといいでしょう。

・ネイティブ講師の料金

ネイティブの講師の料金はフィリピン人講師よりもずっと高いです。
3倍程度には高くなることを覚悟しておいた方がいいです。
これはフィリピン人の人件費が安いために起ります。
フィリピンでは物価が安いので、アメリカ人やイギリス人にとっては安い報酬であってもフィリピン人には十分な収入となり、その報酬で講師を勤めることができるのです。
多国籍の講師を掲げるスクールの中には、フィリピン人と同じ料金で他国の講師のレッスンを受けられる所もあります。
お金に余裕のない場合はこうした所でネイティブ講師を狙う手もあります。
ただし、多国籍だからといってネイティブだと限らないのは上述のとおりであり、ネイティブ講師は人気が高くて予約を取るのが難しいということもあるようです。
料金の安いフィリピン人やインド人講師は数が多いので、そうした人たちの中からなるべく発音のいい講師を探すという手もあります。
運に頼る部分も大きいですが、オンライン英会話では講師を簡単に変えられる場合が多いためあまり心配する必要はありません。

・まとめ

しっかり通じるのであれば英語が多少なまっていても恥じることはありません。
ですが、英会話の練習をする時にはネイティブを相手にするのが理想的ではあります。
オンライン英会話では大部分の講師がフィリピン人を始めとする非ネイティブであり、あえてネイティブスピーカーの講師を頼む場合は料金が高くなることが多いです。
経済的に余裕があるのならもちろんそれもかまいませんし、そうでなければ非ネイティブの講師からなるべく発音のいい人を選ぶのも1つのやり方です。

-オンライン英会話

Copyright© サルでも分かるオンライン英会話のワンツースリー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.